自律神経

勝手に働いてくれる自律神経のすごい仕組み

更新日:

私たち人間の体は、少々忙しくても簡単に体が壊れないように丈夫にできています。
しかしながら、言わずもがな深い悩みを抱えた時や人間関係や家族関係等による心の悩みが続いている時、夜遅くまで仕事をしていて睡眠時間を削っているような生活が続いていると、我々の体は壊れてしまうのです。


こういう時は、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスも乱れた状態。

私たち一人ひとりの生き方と自律神経は、密接な関係性にあり、乱れている時には、ちゃんと体にサインを出してくれているということなのです。

この自律神経の乱れがひどくなると、うつ病やそのほかの様々な病気へと発展してしまうわけです。

では、交感神経と副交感神経にはどのような働きがあるのでしょうか。それぞれの働きをみてみましょう。

<交感神経の働き>
血圧を上げ、脈を速くし、血糖を上げる。
筋肉に酸素と栄養を送って、自分が無意識の状態であっても体を支えてくれている。

また、消化器系・泌尿器系の抑制, 心臓血管系の促進, 瞳孔の散大など,体の活動にとって都合が良い状態を交感神経が作りだしてくれている。

<副交感神経の働き>
夕方あたりから働き始め、血圧を下げて脈を遅くし、血糖を下げて、心臓の抑制、瞳孔縮小などの働きを担っている。

また、消化器系,泌尿器系については促進させ、身体が機能を回復させるために適した状態を作りだし、休息や睡眠の体制をとることでバランスを取ってくれている。

交感神経と副交感神経の役割を知れば、自律神経の乱れを整えるということは、生きる上で重要な項目であることがよくわかります。

頭では、健康が大切であることは分かっていても、普段から自分の体に対してなかなか注意を向けることができていないという方も多いかもしれません。

かくいう私もそうでした。

しかし、ある時から自律神経の乱れた状態が続いた場合のなれの果てを知るにつれて、食べるものや体のメンテナンスについて気を遣うようになり、風邪やインフルエンザにかからない、割と丈夫で疲れにくい体を手に入れることができました。

人は、生きていく中で仕事においても、遊びにおいても、健康な体がないと頑張ることができないですし、心から楽しむことはできないですよね。

「自分の体のケアなんて考えてこなかったなぁ」という方は、まずは、今のご自身の生活を振り返ってみるとよいでしょう。

自分が、交感神経と副交感神経 のどちら側に偏っているのか、あるいはちょうど良いバランスなのかということについて日々内観してみることで、体のケアについて少しずつ興味を持てるようになるかもしれません。

それでは、今日からさっそく交感神経と副交感神経のメリハリを良くして、いつまでも人生を楽しむことができる、壊れない元気な体をつくっていきましょう。

-自律神経

Copyright© それはGOKU癒 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.